TKCモニタリング情報サービス

金融機関への情報開示はITの時代

スピーディで正確な情報開示が、企業と金融機関の関係性強化につながります。

中小企業様が「TKCモニタリング情報サービス」をご利用になる場合

企業は、金融機関から融資を受けるにあたって「取引約定書」を交わされており、そこには「貴社の財務状況を示す書類を定期的に提供すること」が定められています。

税理士法人西方会計は「TKCモニタリング情報サービス」を利用し、クライアント企業に代わって金融機関に決算書や月次試算表等を提供することで、上記約上の履行をスムーズに支援します。

具体的な流れ

当事務所から、クライアント企業からの依頼内容を金融機関にご連絡させていただきます。

金融機関から企業に確認があった場合は、「TKCモニタリング情報サービス」の利用に同意する旨をお伝えください。

具体的なメリット

  • 決算書を取引金融機関の数だけコピーして渡す、といった煩わしさ(紛失リスク)がなくなります。
  • 当事務所が税務署への電子申告をした時点で、お取引金融機関への決算書等の提供は完了します。
  • スピーディなデータ提供で融資審査が早まり、貴社の円滑な融資につながります。

【pdf】モニタリング情報サービスのご案内

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP