これからの医療経営

医療業界を一般的なビジネス業界と比較すると、医療業界はより規制が厳しく、また厚生・行政の考え方を先取りする必要性が強い傾向にあります。医療の経営は、外部環境を優先的に重視しながらその方針が決定されてきました。

しかし、これからの日本の少子高齢化に伴い厳しい状況下にあることは、他の業界と共通した課題です。病院を取り巻く環境も今後大きく変化し、生き残り競争に突入する中、既存のやり方から抜け出ない「横並びの経営」では、立ち行かなくなる可能性が大きいのではないでしょうか。

これからの医療経営においては、それぞれの医療機関が自主的に考え、変化に適応するような経営を行っていく必要があります。

我々税理士法人西方会計は、TKCシステムを活用し、医療経営を強力にバックアップしております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP