金融機関から融資を受けるためのポイント[1]

「昔に比べて、金融機関がお金を貸してくれなくなった」・・・経営者様とのお話でこんな声を聞くことがあります。

確かにそういう一面があることは否めません。自助努力を行わない、いざとなれば金融機関を「駆け込み寺」にしようと考えている企業に対して、金融機関は支援をしようとは思わないでしょう。現実的に言えば、すべての企業を一律平等に支援するだけの余力が、金融機関にはないからです。

それでは融資を受けるために、企業として何をどうすればよいでしょうか?ポイントとなるのは、現在の景気状態が続くとして、経営として耐えうる企業であることを、金融機関に対して報告することです。

仮に売上低下局面だったとしても、自助努力で1年程度は継続できる企業だと認められれば、金融機関は積極的な支援体制に方針を転換してきます。自助努力できる企業とは、将来性のある企業。そもそも金融機関の業務上、返済確実な相手ならば、融資したいに決まっています。

「私たちの会社はきちんと返済する能力があります」という点を、金融機関に確実に伝えること。西方会計はタイムリーに企業の現状を見える化し、金融機関への信頼ある報告を実現します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP