配偶者控除及び配偶者特別控除の改正

平成30年から配偶者控除及び配偶者特別控除が変わりました。

  1. 給与所得者の合計所得金額が1,000万円を超える場合には、配偶者控除の適用を受けることができないこととされました。
  2. 配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額が38万円超123万円以下とされました。

https://www.nta.go.jp/gensen/haigusya/

平成30年の年末調整では、税理士・経理担当者のみならず、従業員1人1人がこの改正を十分に理解しておかなければ、年末調整業務は混乱するのではないかと思います。

そうならないために、事前に改正を把握し、従業員への周知が必要です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP