平成29年度補正予算「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」

公募期間

平成30年2月28日(水)~4月27日(金)(当日消印有効)

補助区分

対象経費の区分補助上限額
(補助下限額)
補助率
1.企業間データ活用型
機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費
1,000万円
(100万円)
3分の2
2.一般型
機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費
1,000万円
(100万円)
2分の1
3.小規模型
機械装置費、原材料費、技術導入費、外注加工費、委託費、知的財産権等関連経費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費
500万円
(100万円)
小規模事業者は3分の2

その他中小企業者は2分の1

1.企業間データ活用型

今回の平成29年度補正予算より追加された区分です。最も支援内容が厚くなっています。企業間で連携する場合は、連携体参加数×200万円を上限に、連携体内で配分が可能です。

2.一般型

前年までは補助率が3分の2でした。今回より補助率が2分の1となっており、自社負担割合が増えておりますので、ご注意下さい。

3.小規模型

「小規模型」の区分では小規模事業者に対する補助率が3分の2と厚く、その他中小企業者に対しては2分の1となっております。

※小規模事業者:製造業その他において常時使用する従業員が20人以下、商業・サービス業においては常時使用する従業員が5人以下の事業者です。

補助対象経費

<全事業類型共通>

機械装置費

機械装置等(専ら補助事業のために使用される機械・装置、工具・器具(測定工具・検査工具、電子計算機、デジタル複合機等)及び専用ソフトウエア)の購入、製作、借用、それに伴う改良・修繕又は据付けに要する経費

技術導入費

本事業遂行のために必要な知的財産権等の導入に要する経費

※上限額は補助対象経費総額(税抜)の3分の1

専門家経費

本事業遂行のために必要な謝金や旅費として、依頼した専門家に支払われる経費

※申請時の意思表明により補助上限額30万円増額が可能

運搬費

運搬料、宅配・郵送料等に要する経費

クラウド利用費

クラウドコンピューティングの利用に関する経費(機械装置費を除く)

「自社が保有していないサーバーにインターネット等を介して接続し、アプリケーションの機能の提供を受け、またデータ保存領域の割り当てを受ける」ための経費が「クラウド利用費」として計上可能です。

初期費用・月々の利用料が対象となりますが、事業実施期間中の経費に限りますので、ご注意下さい。


<以下は小規模型「試作開発等」のみに適用>

原材料費

試作品の開発に必要な原材料及び副資材の購入に要する経費

外注加工費

試作品の開発に必要な原材料等の再加工・設計及び分析・検査等を外注・依頼等(外注加工先の機器を使って自ら行う場合を含む)を行う場合に外注加工先への支払に要する経費

※上限額は、委託費と合わせて補助対象経費総額(税抜)の2分の1

委託費

外部の機関(公的研究機関、試験研究機関、大学など)に試作品等の開発の一部を委託する場合の経費

※上限額は、外注加工費と合わせて補助対象経費総額(税抜)の2分の1

知的財産権等関連経費

試作品等の開発、役務の開発・提供方法等と密接に関連し、試作品等の開発成果の事業化にあたり必要となる特許権等の知的財産権等の取得に要する弁理士の手続代行費用や外国特許出願のための翻訳料など知的財産権等取得に関連する経費

※上限額は補助対象経費総額(税抜)の3分の1

申請先

福岡県内の企業は、福岡県中小企業団体中央会への申請、もしくは「ミラサポ」による電子申請となります。

詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP