社是・経営理念

社是

西方会計 社是

経営理念

  1. 常に「我々に解決できない問題はありません」を自負し、顧問先企業のあらゆる問題を解決し、最高のパフォーマンスを発揮していただくためのパートナーとして存在する。
  2. 顧問先企業の「思わぬ利益に喜ぶ」は無計画性を意味する。
    そうならないためにTKCシステムを最大限活用し、業務品質を最高水準に引き上げ、先見の明を醸成する。
  3. 「信頼・家族・勇気」の言葉は片時も忘れないで行動する。
    各人一人ひとりがその基本行動を徹底すれば、顧問先企業の発展に貢献でき、社員が入社して良かったと思える良い会社、つまり揺るぎない地位を確保する。

倫理規定

  1. 常に謙虚な態度で初心を忘れないこと。一日一日を無駄に過ごすことなく、一日一項目と何か身につける。
  2. かげひなたの多い人間にならないこと。
    人がみているから仕事をする、見ていないからサボル、私語する、横着な態度、くだらない言動等は最も愚劣な人間性である。
  3. 親しき仲にも礼儀あり。特に関与先と馴れすぎて物事の判断を狂わせてはいけない。また関与先を利用してはいけない。これは不正につながることになるので、節度をもって対処する。

管理者の心得

  1. 経営者の思いと方針を自分のことと考えることができ、行動するものである。
  2. 常に部下や周りから見られていると考え、つらい仕事、きたない仕事は自ら率先して行う。
  3. 上に立つ者は、常に自覚して対処すること。能力を疑われることなき様、自らを律して他の模範たるべく努力する。

我が社の理想的な社員像

  1. 我々の仕事は係数が命である。自分の行った仕事は最後まで徹底して処理する。事後処理は、他に迷惑がかからぬ様に常識をもって必ず確認し必ず実行する。
  2. 人と対話する時、話かけられた時、呼ばれた時は、明瞭な返事「ハイ」を必ず云う。しかしてすぐ実行。
  3. 身だしなみには注意して、他に不快な感を与えないよう清潔にする。
  4. 自分だけ良ければ良い、且つ、有言不実行型の人間になってはいけない。信用と信頼を失うことにつながるからだ。
  5. 常に感謝の気持ちをもって、物事依頼後等は「ありがとう」と云おう。また自己の非を認めた場合は、素直に「すみません」と云おう。
PAGE TOP